Top >  発毛方法 >  発毛の手当てはまず病院へ行きましょう

発毛の手当てはまず病院へ行きましょう

発毛の手当てを行うにあたっては、独学で始めるよりも、病院で診断してもらって相談しながら行う方が、断然確かな手当てを行うことができます。

「髪の毛の抜ける量が多くなった」「同年代と比べて髪の毛が薄いのではないか」と悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思いますが、すぐに自分は『脱毛症』や『禿髪症(とくはつしょう)』だと決めつけて、発毛剤や育毛剤を使って手当てをするのは、多くの危険が潜んでいます。

実際には思い過ごしや考え過ぎな方も多くいらっしゃるようです。事実、検査をしてみると、脱毛治療が必要ない場合も多くあると言われています。
この症状は『脱毛危惧症』と言われ、精神的なものが原因で起こる症状であり、カウンセリングで不安が解消されると、自然に脱毛の症状も改善されていきます。

薄毛になる原因は一人一人の体質や生活環境によって異なるものであり、現在、自分の体がどういう状態なのかなど、自己判断せずに、専門医に診断してもらって的確な処方をすることが一番の近道だと思います。

発毛剤や育毛剤を使用してもなかなか効果が表れないと言う方は、是非一度専門医で診察してもらうことをおすすめします。

他の病気が原因で薄毛になることもあります。
体内分泌ホルモンが関係している『甲状腺機能低下症』には、髪の毛だけでなく、体全体の体毛が薄くなる症状があります。
又、栄養障害である『亜鉛欠乏症』『鉄欠乏症』『タンパク質不足』なども薄毛になると言われています。これは現代病と言われており、ファーストフードやレトルト食品などによる偏食や過度なダイエットによる栄養不足から起こっています。

この様な専門的な症状を自己判断で手当てすることは、手当てするどころか逆に症状を進行させ、悪化させてしまうことにもなりかねません。
少々抵抗があるかもしれませんが、勇気をだしてまずは病院へ行きましょう。

発毛方法

関連エントリー

発毛と環境 発毛と食生活・生活環境の関係 発毛のための「シャンプーの仕方」 発毛とシャンプー前のポイント 発毛についての知識 発毛情報 よくある髪のトラブルをあげています 発毛の手当てはまず病院へ行きましょう 頭皮の老化を防ごう 発毛とホルモンバランス 皮脂の大切な役割 皮脂についての知識 発毛には健康な体づくりが大切! 「発毛」に求める効果 発毛と改善への近道 短小毛なら発毛手当てをしましょう 発毛の為に抜け毛のチェックをしましょう 毎日の発毛ケアをかかさずに 発毛は「髪の毛の生え代わり」 清潔な頭皮を保ちましょう 発毛はステップをふみましょう 発毛の現実は…? 発毛するにはまず頭皮の回復を… 生え際を復活させたい! 「プロペシア」の副作用 発毛剤が効く条件とは? ステロイド剤の副作用は? 脂漏性皮膚炎とは? 発毛剤のさまざまなタイプ 発毛剤とは何か…


FX業者のスペック