Top >  発毛方法 >  「プロペシア」の副作用

「プロペシア」の副作用

飲む発毛剤として話題の『プロペシア』をご存じですか?
販売元はアメリカのメルク社という会社です。日本では2005年から輸入されている商品です。この発毛剤『プロペシア』の効果は、男性型脱毛症の症状に限っています。

男性型脱毛症は、男性ホルモンである“ジヒドロテストステロン(DHT)”という成分が、髪の毛の成長や発毛を阻害していると言われています。
この『プロペシア』の主成分である“フィナステリド”は、その“DHT”とういう成分の生成を抑制する働きを持っているのだそうです。

『プロペシア』は服用し始めるとすぐに、“DHT”の生成を抑制し始めます。しかし、髪の毛の成長は非常にゆっくりなので、発毛の効果が目に見て分かるようになるのには、早くて3ヶ月、通常なら6ヶ月位はかかるであろうと言われています。

また、効果が現れてきても、それを持続させる為には、継続的に『プロペシア』を服用しなければなりません。服用を中止すると再び“DHT”の生成が活発になり、せっかく増えた髪の毛が、また失われてしまう可能性があるそうです。

私たち日本人にとって、飲む発毛剤というものは、歴史も浅く、特に薬害による副作用が気になるところです。現時点で報告されている副作用は、
・性欲の減退、勃起機能の低下、精液量の減少、射精障害
・排尿障害、頻尿
・腹痛や下痢
・頭痛
などが挙げられています。

これらは当然、体の状態や個人差がありますし、必ず発症するとも限りません。そして服用を止めれば無くなります。

日本に輸入を開始する際には必ず承認審査を行いますが、この承認審査時に発生した副作用の発生率は、4%ほどであったと報告されています。この『プロペシア』は最初にも述べましたが、男性型脱毛症に限って効果があるものですので、女性や未成年者の服用はできません。
特に妊娠中の女性は、『プロペシア』の砕けた破片に触っただけでも、胎児の生殖機能に影響がでる場合があるとされていますので、取り扱いには注意が必要です。

発毛方法

関連エントリー

発毛と環境 発毛と食生活・生活環境の関係 発毛のための「シャンプーの仕方」 発毛とシャンプー前のポイント 発毛についての知識 発毛情報 よくある髪のトラブルをあげています 発毛の手当てはまず病院へ行きましょう 頭皮の老化を防ごう 発毛とホルモンバランス 皮脂の大切な役割 皮脂についての知識 発毛には健康な体づくりが大切! 「発毛」に求める効果 発毛と改善への近道 短小毛なら発毛手当てをしましょう 発毛の為に抜け毛のチェックをしましょう 毎日の発毛ケアをかかさずに 発毛は「髪の毛の生え代わり」 清潔な頭皮を保ちましょう 発毛はステップをふみましょう 発毛の現実は…? 発毛するにはまず頭皮の回復を… 生え際を復活させたい! 「プロペシア」の副作用 発毛剤が効く条件とは? ステロイド剤の副作用は? 脂漏性皮膚炎とは? 発毛剤のさまざまなタイプ 発毛剤とは何か…


FX業者のスペック